研究シーズ検索
研究シーズ検索

生体物理化学/神経生物物理学

光をくすりにする!?

医歯薬

 | 

先進医療研究

生物物理ロドプシン分子認識膜タンパク質生物物理学受容体オプトジェネティクスシグナル伝達分光法光生物学エネルギー変換光センサー振動分光法生体分子分子機械情報伝達構造変化発色団光生物

代表者

教授 須藤雄気

2000年:北海道大学薬学部卒業
2005年:北海道大学大学院薬学研究科修了(博士(薬学))
2005-2007年:テキサス大学ヒューストン校ポスドク
2007-2013年:名古屋大学大学院理学研究科助教/准教授
2014 – 現在: 岡山大学, 医歯薬学総合研究科/医歯薬学域, 教授

専門分野

生物物理学、複合領域、理工系、生物系、生物物理学関連、薬学およびその関連分野

研究概要

「光をくすりにする!?」

■ 光が支える創薬研究
 輝く朝日で目を覚まし、道に咲く草花にみとれながら学校や職場に向かい、帰り道で見える夕日に明日への希望を感じ、夜空に打ち上がる花火の美しさに感動する。これらに共通する『光』は、私たちにとってなくてはならないものの一つです。
 わたくしたち生体物理化学研究室では、『光をくすりにする!?』をキャッチコピーに、生物が持つ光を吸収する分子(ロドプシン)の研究を行っています。光を使ってあらゆる病気が治せる未来を目指しています。

地球上に降り注ぐ太陽光の極大波長は約500 nmです。この波長を有名なエネルギー量子仮説(プランク)の式:「E = hn」にあてはめると、光のエネルギー(E)は、約240 kJ/molとなります。次に、生命活動の源であるATPの細胞内における加水分解エネルギーを考えると、そのエネルギー(E)は、約50 kJ/molとなります。このように、光エネルギーはATPのエネルギーより5倍程度の大きな値です。私たちの研究室では、光によってあらゆる生命現象を制御・操作可能である=「光がくすりになる!?」、と信じ、光受容タンパク質・ロドプシンを対象に、生物学・物理学・化学を融合した①探索、②解析、③応用に関する研究を行っています。

研究室所属者

井上剛

2021年度: 岡山大学, 医歯薬学域, 准教授

小島慧一

2021年度: 岡山大学, 医歯薬学域, 助教

井上剛/小島慧一

関連研究シーズ

感覚受容体やシグナル伝達タンパク質・受容体の制御タンパク質などの構造・機能解析

構造生物薬学

味覚受容体 受容体 結晶構造解析 味覚 結晶構造 タンパク質 シグナル伝達 構造生物学 感覚受容 示差走査蛍光測定法 構造解析 進化分子工学 人工結合タンパク質

教授 山下敦子

1.感覚受容の構造生物学 2.薬学・医学・歯学標的膜タンパク質の構造生物学 3.真核生物膜タンパク質構造・機能解…

SDGSアイコン
SDGSアイコン

細胞内情報伝達システムから生命を理解し、病気の原因追求や創薬研究を行う

細胞機能設計学

カルモデュリン シグナル伝達 CaMKK Calmodulin STO-609 CaM-キナーゼカスケード タンパク質リン酸化反応 AMPK 細胞内情報伝達 リン酸化酵素カスケード CaM-キナーゼ CaM-kinase タンパク質リン酸化酵素 Intracellular calcium タンパク質リン酸化酵素阻害剤 TIM-063 KN-62 分子薬理学 細胞内カルシウムシグナル伝達 創薬科学

教授 徳光 浩

生命体の基本単位である細胞には、複雑で精妙なコントロール機構が存在しています。私たちの研究室では、細胞内の複雑な…

SDGSアイコン
SDGSアイコン
SDGSアイコン